北広島・恵庭・千歳で専門医による内視鏡検査 高台内科クリニック

専門医による痛みの少ない検査 内視鏡検査専門外来

  • 20台収容の専用駐車場完備
  • JR北広島駅から車で約5分
  • バスをご利用の場合

    ・「泉町2丁目」下車 徒歩約2分
    ・「白樺町2丁目」下車 徒歩約3分

ご予約お問合せ 011-372-1001 「ホームページ見た」とお伝えください

月・火・金/ 9:00~19:00(水曜は17:00まで)
木・土/ 9:00~12:00

〒061-1145北広島市泉町1丁目2-6

胃内視鏡検査

喉・食道・胃・十二指腸を検査

胃内視鏡検査(胃カメラ)

胃内視鏡検査とは…

胃痛、胃もたれ、胸焼けなどの症状の原因を検査します。

胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎はもちろんのこと、食道がんや日本人の年間10万人以上が罹患する胃がんなどの正確な診断が可能です。早期に治療すれば、治癒することも可能です。
なので、早期治療・早期治癒をする為にも、定期検査を行いましょう。

上部消化管内視鏡検査には 口から挿入する経口内視鏡検査と、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査があります

経口内視鏡検査

直径9mm程度の太さで、口から挿入するので喉の奥にある舌の付け根に触れる可能性があり、吐き気を感じることもありますが、鼻から挿入するより高画質で、より詳細な観察をすることが可能です。

◎ 検査前の注意点

検査前日
・夕食は20時頃までには済ませて下さい。
・夕食は消化の良い物にして下さい。
・水分は飲んでも大丈夫です。
検査当日
・食事は摂らずに来院してください。
・水は多少は飲んでも構いません。

検査の流れ

  • 受付・問診

    予約時間の5分前には来院してください。

  • 前処置
    • 1.胃の中を綺麗にする為に、消泡剤を飲みます。
    • 2.嘔吐反応を和らげる為に喉に麻酔薬をスプレーします。
    • 3.痛みを少なくする為に、胃の運動を止める薬を注射する場合があります。(ほとんどの場合は胃内散布薬を使用)
    • 4.リラックスできた状態から検査を始めます。
  • 内視鏡挿入

    ベットに横になり、肩・首・喉の力を抜いて口から内視鏡を挿入します。
    検査時間は5分程度です。

  • 検査後

    検査結果や治療について話を聞き、すぐに帰宅できます。

    注意事項

    ・分からない事がありましたら、遠慮なくお尋ね下さい。
    ・帰宅後、痛みが強かったり黒い便が出たりしたら、ご連絡またはご来院下さい。
    ・医師から次回来院の話があった際は、必ずご来院下さい。

経鼻内視鏡検査

カメラの付いた細くてやわらかい胃内視鏡を鼻から挿入し、食道・胃・十二指腸を調べる検査です。

口から挿入する内視鏡とは違い、喉の奥にある舌の付け根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。直径5mm程度の太さであるため、体にかかる負担も少なく、 検査後はすぐ日常生活に戻れます。

メリット
  • 1.苦しくない
  • 2.検査中に会話が可能
  • 3.負担が少ない

口からの挿入とは違い、検査中に会話が可能なので、医師と同じモニターを見ながら不明点があればその場ですぐ確認できるメリットがあります。

◎ 検査前の注意点

検査前日
・夕食は20時頃までには済ませて下さい。
・アルコールは控えて下さい。
・夜更かしせず早めに就寝して下さい。
検査当日
・朝食は摂らないで下さい。但し、歯磨きや少量の水分は大丈夫です。
・薬の服用は7時までに飲んで下さい。
(服用している薬があれば、事前に医師にお伝え下さい。)
 ・コルセットやガードルをつけている場合は、検査前に外して下さい。

検査の流れ

  • 受付・問診

    予約時間の5分前には来院してください。

  • 前処置
    • 1.胃の中を綺麗にする為に、消泡剤を飲みます。
    • 2.鼻の粘膜の腫れや充血を取り、内視鏡の通りを良くする為に、
      両方の鼻に血管収縮薬をスプレーします。
    • 3.局部麻酔で鼻腔に麻酔を行います。
  • 内視鏡挿入

    検査時間は5分~10分程度で、通りの良い鼻の方から内視鏡を挿入します。

  • 検査後

    検査結果や治療について話を聞き、すぐ帰宅できます。

    注意事項

    ・分からない事がありましたら、遠慮なくお尋ね下さい。
    ・帰宅後、痛みが強かったり黒い便が出たりしたら、ご連絡またはご来院下さい。
    ・医師から次回来院の話があった際は、必ずご来院下さい。

安心して検査する為に

経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査を選択していただく前にメリットとデメリット、
患者様の様子や症状などを踏まえた上で、十分に説明と相談をしながら勧めていきます。

※内視鏡検査の際に、鎮静剤(眠くなる薬)を使用する方法があります。鎮静剤使用による検査は苦痛を軽減できるというメリットがあります。しかし、内視鏡検査には極めて低い確率ではありますが大きな合併症(死亡例を含む)が起こることがあり、その多くは鎮静剤を使用したケースであるのも事実です。 そのような理由から当院では鎮静剤を使用した検査は行っておりません。鎮静剤を使用しての内視鏡検査をご希望の方は、合併症が生じた際にもすぐに対応できる機器やスタッフが十分に完備されている施設での検査をお勧めいたします。

上部消化管内視鏡検査によって発見できる代表的な疾患

胃がん

胃がんは肺がんに続いて2番目に多い癌(日本では)で、胃の粘膜細胞から発生する悪性腫瘍です。
何らかの原因でがん細胞になり、無秩序に増殖を繰り返すことで生じます。

胃がんの原因としていくつかのリスク要因が考えられており、中でも、喫煙・食生活などの生活習慣・
ヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが、胃がん発生リスクを高めていると考えられています。早い段階で自覚症状が出ることは少なく進行していても無症状の場合があり、早期発見が非常に難しい癌と言われております。

早期発見する為には、内視鏡検査を行うことを推奨します。

胃アニサキス症

胃アニサキス症とは、アニサキスという寄生虫がサバ・イカ・イワシ・サンマなどの魚介類に寄生し、生または加熱不十分の状態で食べた時に体内に侵入し、激しい胃の痛みや吐き気・嘔吐などを伴ってしまう食中毒です。特徴としては、寄生した魚などを食べてから約6時間後に激しい胃痛が起こり、じん麻疹やかゆみがあらわれる場合もあります。

治療は、内視鏡でアニサキスをつまんで摘出します。痛みは劇的に無くなっていきます。

萎縮性胃炎

萎縮性胃炎とは、胃の粘膜に白血球が集まり、常にジワジワとした慢性的な炎症が起こっている状態を慢性胃炎といい、この炎症が長期間続き胃粘膜の障害が進んでしまうと、胃の粘膜が薄くなってしまいます。この状態を萎縮性胃炎といいます。

ピロリ菌の持続感染が主な原因と考えられています。

逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃酸の逆流によって引き起こされる病気です。何らかの原因で胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強い酸である胃酸にさらされて炎症を起こし、胃から食道への逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、胸やけや呑酸などの不快な症状が起こります。

夜ぐっすり眠れなかったり、気分が冴えない、食べたい物が食べられないなど日常生活にも支障をきたすようにもなります。日常の生活から、就寝時は頭を高くして寝たり、消化の良い物を摂り、過食を避け食後横になるなどの逆流を増強する行為を避ける事を心がけましょう。

事前に、食道上皮に発赤や糜爛(びらん)・潰瘍、腫瘍がないか内視鏡検査することをお勧めします。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍は、ピロリ感染、薬剤の服用およびストレスなどが原因で起こる病気です。胃と十二指腸は、食物を消化するための胃液を分泌し、胃液には、強力な酸が含まれており、この胃液から壁を守るために、胃粘膜や十二指腸粘膜は粘液を分泌しています。ところが、胃液と粘液との不均衡が生じると、胃酸によって粘膜が傷ついたりし、重症になると穴があいてしまう事もあります。吐血・下血・みぞおちが痛い・胸やけがするという症状が見られたら要注意です。

ストレスが溜りやすい過労や睡眠不足を避け、規則正しい生活リズムを心がけましょう。

食道がん

食道がんは、気管との分岐点から胃の入り口を繋ぐ一本のパイプ状の臓器(食道)にできた癌です。
食道には大きく分けて3つに分かれてます。頸部食道・胸部食道・腹部食道があり、日本人の食道がんの90%近くは胸部食道にできます。原因としては、喫煙・大量の飲酒、刺激的な食べ物などの危険因子に長期間さらされることが考えられています。

進行しやすい、転移しやすい、再発しやすいが特徴で、初期段階で自覚症状がないので、食べ物を飲み込むときや熱いもので喉にしみたり少しでも違和感があれば受診をお勧めします。

早期発見するためには内視鏡検査をし、初期段階で切除することが大事です。 早期の食道がんを発見するための方法として、通常の色調で観察する以外に色素散布法や特殊光観察という方法があります。 どちらも通常の色調での観察に比べて腫瘍の発見率を上げることができ、必要に応じてこれらの方法を組み合わせて病変を発見します。

  • 通常観察

    通常観察

  • 色素散布

    色素散布

  • 特殊光観察

    特殊光観察

医療法人社団 広仁会 高台内科クリニック

〒061-1145  北海道北広島市泉町1丁目2-6
ご予約お問合せ
011-372-1001
  • 20台収容の専用駐車場完備
  • JR北広島駅から車で約5分
  • バスをご利用の場合
    「泉町2丁目」下車 徒歩約2分、「白樺町2丁目」下車 徒歩約3分
診療時間
9:00~12:00●●●●●●-
13:30~19:00●●▲-●--

▲:17:00までの診療です。 休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝祭日

Page top